住宅ローンの滞納・延滞/不動産の競売・差押さえのお悩みは任意売却救済センターへ

任意売却 救済センター ご相談〜任意売却に関する費用は無料!お気軽にお問合せください
無料相談受付 0120-2811-931

任意売却とは

任意売却とは、「競売入札が行われる前」に、お客様(債務者)と債権者(金融機関等)との合意のもとに、「お客様(債務者)自身の意思で売却すること」をいいます。

お客様(債務者)が住宅ローンや住宅を担保とした借入金等の返済が困難になった場合、任意売却をせずにそのまま滞納を続けると、お客様(債務者)の家(担保不動産)はお客様(債務者)の意思とは関係なく、債権者(金融機関等)が抵当権に基づき担保不動産を差し押さえ不動産競売の申立てを行います。競売にかけられると、落札価格が開札日まで分からないので今後の計画がたてづらく、また落札価格は市場価格よりも2〜5割程度低くなるのが一般的です。そして、競売によって得られた売却金は、債務(住宅ローンや借入金)の返済にあてられるため、あなたの手元にお金が残ることはありません。

しかし任意売却なら、競売入札が行われる前にお客様(債務者)と債権者(金融機関等)との間で交渉ができる為、出来る限り双方が納得できる解決を模索することができるのです。例えば、市場価格での売却や、引越代金・生活資金の確保なども交渉によって可能となり、また自宅に住み続ける事や自宅を残す方法なども模索できるのです。競売よりも任意売却の方が有利な条件が多いのです。

任意売却救済センターは、あなたの代理人として、個人では難しい「自宅の売却」や「債権者(金融機関等)との交渉」を代理で行い、あなたの生活再建のために万全のサポートをします。

無料メール相談へのリンク
ここでクリアー